韓国の国際線、免税エリアで購入した飲料水の機内持ち込みが可能に

12日、韓国の国土交通部が発表した内容によると、今後韓国で国際線の利用客は保安検査を完了後に購入した飲料水を機内に持ち込むことができるようになります。

免税エリアで購入した飲料水の持ち込みが可能

従来までは100㎖以下の容器に入れられた液体と決められていましたが、今後はセキュリティスキャンが完了エリア、つまり免税エリアで購入した飲料水は機内に持ち込むことが可能になります。ただし、セキュリティスキャンは従来通り厳しく行われるようです。

この液体の機内持ち込みはアメリカやカナダ、イギリスなどの主要空港でも行なわれています。


重複の安全チェックも改善

また、空港内の安全対策は強化しながらも、空港内で重複してしまっている安全チェックも緩和をする『ワンストップ・セキュリティ』も改善し、乗客の乗りやすさを向上していくようです。