韓国マクドナルドで話題の画面タッチで作る自分だけの『シグネチャーバーガー』

韓国マクドナルドでは、日本では見ることのできないメニューが多くありますが、その中でも『シグネチャーバーガー』が話題です。

話題の『シグネチャーバーガー』

昨年の8月にシンチョン(新村)店で初めて発売された当日に既に1000個以上の販売高を記録し、全国の支店に続々と展開中です。

『シグネチャーバーガー』って何なの?

『シグネチャー(signature)』はサインや署名という意味で、シグネチャーバーガーは20種類の食材を自分で選んで作る自分だけのバーガーが作れます。店内に設置されているタッチパネルで材料を選択したら店員さんが直接作り、席まで運んでくれます。

バン、ソースが選択可能で、トッピング(チーズ、野菜)が自由に選択できます。

@smilecrew_anが投稿した写真

「迷ってしまって選べない」という時は?

シグネチャーバーガーは4種類のおすすめメニューがあり、初めて利用する時はこちらのメニューを選んでみると選びやすいです。

SNSを見る限り、特に「ゴールドエッグチーズバーガー」が人気のようです。卵、ベーコン、チーズの味が香ばしさを感じられるそうです。

W.jinさん(@jin_kitchen)が投稿した写真


ハンバーガーがボリュームがあるため、ナイフとフォークで食べます。利用したユーザーの中には「店員さんが直接持ってきてくれるなんて不思議」という声もありますが「マクドナルドで高級感を味わえて嬉しい」と、好評のようです。

タグ: