RED VELVET『7月7日(One Of These Nights)』の意味はセウォル号の追悼曲の可能性

RED VELVETの『7月7日(One Of These Nights)』のMVについて、韓国の複数のコミュニティーサイトでMVの意味は2014年4月に起きた『セウォル号』の転覆事故の追悼曲である可能性が高いと推測されています。

この曲は2016年3月にリリースされており、2015年にリリースされた『Dumb Dumb』と2016年9月に『Russian Roulette』の間リリースとなっていますRED VELVETでは珍しくバラード曲のタイトル曲で異質な曲となっています。

SMが七夕がコンセプトだと言及

所属事務所のSMエンターテインメント側が「織姫と彦星の物語をモチーフにした曲で、1年に1回しか会うことができない切ない愛を超現実的に表現した」と明らかにしました。

しかし一方で、ネット上ではセウォル号がモチーフと考えるユーザーも多く、下記のような点からセウォル号と関連があるのでは?と言われています。

f(x)の『Red Light』のMVはセウォル号を批判した内容

大きな理由としては、同じ所属事務所のf(x)が2014年にリリースした『Red Light』のMVがセウォル号の事故をコンセプトにした内容だったためです。

これは当時、SMエンターテイメントのプロデュース本部長がメディアのインタビューで「セウォル号の事故を批判した内容だということを認め、『沈没』という直接的な言葉を使ったことについて、話し合って決めたことだと明かしました。

この曲のリリース日も7月7日でした。

RED VELVETの『7月7日(One Of These Nights)』のティザー

リリースを前に公開されたティザー画像では、メンバーが船をモチーフかのような折り紙が写っています。この船は事故当時、追悼のために作った紙の船に酷似していると指摘されています。
bg_0313
bg_0312
Red Velvet 公式サイトより

・追悼の船

7月7日はセウォル号の水中撮影日

そもそも3月にリリースされた曲なのに七夕である7月7日という曲は不思議だという指摘も多いですが、セウォル号の沈没した船体を撮影した日が事故の翌年2015年7月7日であり、その日を指している可能性があると指摘されています。

歌詞

「私達 また会おう」「夢の中でも大丈夫だから」「天の川の向こうに 遥か遠い所に」と別れを意味する歌詞となっています。

MVの解釈

全体的に海や船を思わせる背景

MVでは全体的に船や海を連想させる背景となっており、メンバーの演出も物悲しい雰囲気となっています。
スクリーンショット 12
スクリーンショット 20
スクリーンショット 21

最初の場面

セウォル号には修学旅行の高校生をたくさん乗せていた知られていますが、最初の場面のメンバーが化粧をするシーンは、修学旅行の準備をする場面だと指摘されています。
スクリーンショット 11

ジョイだけが生存者?

MVを通して、ジョイだけが他のメンバーとは異なった動きをしており、ジョイだけが生存者であるとされています。

・はしごを上るシーンはジョイだけが助かったことを意味していると指摘されています。
スクリーンショット 17

・ジョイ以外の4人は異なった幻想的な空間で白いドレス(白装束)に身を包んでいます。
スクリーンショット
スクリーンショット 1
スクリーンショット 4
スクリーンショット 6

・歌詞の「私達また会おう」の部分でジョイ以外の4人が消えます。
スクリーンショット 9
スクリーンショット 10

キャンドルで追悼

キャンドルを灯して追悼を思わせる場面が出てきます。
スクリーンショット 22

沈没

船を思わせる丸型の窓が割れて水が侵入して来ます。
スクリーンショット 25

船に水が侵入しています。
スクリーンショット 1

また最後のシーンでは映画『タイタニック』を思わせるような演出で、少しずつ照明が消えて真っ暗になります。
スクリーンショット 27

リリース日をずらした理由

本来今回の曲は3月16日にリリースされる予定でしたが、「曲の完成度を高めるため」という理由で翌日の3月17日に延期となりました。これは事故が起きた4月16日の旧暦に当たる日付が3月17日のため、わざわざ1日ずらしたと推測されています。(他にもセウォル号の水中撮影日が7月7日であることや、7×7で四十九日を表しているといった指摘があります。)

船舶自動識別装置

背景にAIS15、16という記載されていると指摘されていますが、これは船舶自動識別装置(AIS)の記録で、セウォル号は15日から16日に意図的にオフになったと話題になりました。
スクリーンショット 4
スクリーンショット 6

青い部屋のシーン

青に満たされ傾いたこの部屋のシーンは、海水に満たされた部屋という意味であり、上には家具のようなものが浮いています。
スクリーンショット 7

机の下に潜るウェンディ

水が流れる机の中にウェンディが隠れていますが、これは実際事故当時学生が机の下に潜ったという場面を表していると推測されています。
スクリーンショット 9

内側からのドアノブがない

最後のシーンで、ドアを開けるものの内側にドアノブがないため内側から開けることができなくなっています。これも事故当時、セウォル号に閉じ込められた学生がドアを叩く映像が話題となりました。
スクリーンショット 8

画像:MVキャプチャー

このような理由で韓国のネット上では、解釈は微妙に異なりますが、セウォル号の追悼曲と指摘する声が多いようです。(あくまでネット上で言われている解釈です。)

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント