仁川空港、深夜利用客のためにカプセルホテル設置&24時間営業の免税店も増加

シャワー完備のカプセルホテルが設置

韓国の仁川空港に2016年までにカプセルホテルが設置される計画が発表されました。カプセルホテルは1〜2坪程で部屋ごとにシャワーなども完備されているため、日本でいうカプセルホテルよりは若干大きいようです。1時間8000〜9000ウォンで利用でき、夜間便や早朝便の利用客をターゲットとしており、簡易的な休憩所として利用出来るようです。

24時間営業の免税店が2〜3倍に増加

増え続ける深夜の空港利用者のために24時間営業の免税店をを現在の2〜3倍に増やすことも発表されました。

出国の長蛇の列が緩和される

出国の手続きに関して、チェックインカウンターの長蛇の列を回避するため、チェックインカウンターにタブレットPCなどを配置し、パスポート情報などを入力することで搭乗手続きを出来るようにするようです。これにより搭乗券も紙ではなく、スマートフォンへのメッセージに変わるようです。

また仁川空港は空港会社に限定されますが、自動手荷物サービスも行っており、今後どんどん出入国が簡単になるようです。

인천공항 '자동 수하물위탁 서비스(Self Bag Drop Service)'

인천공항 Incheon Airportさんの投稿 2016年3月7日

ソウル地下鉄7号線が24時間運行に?早ければ2017年から週末深夜も運行に
地下鉄7号線が週末24時間運行 ソウルの地下鉄7号線が2017年下半期から金曜日の夜に限り深夜も運行するという案が浮上しています。土曜...

タグ: