“EASTERN SIDE KICK”メンバーインタビュー

(2014年8月14日にコリアンマップに掲載された記事です。)

記念すべき「コリアンマップ」インタビュー第1号は、オ・ジュファン(ボーカル)、コ・ハンギョル(ギター)、リュ・イ二ョク(ギター)、ぺ・サンファン(ベース)、コ・ミョンチョル(ドラム)の5人からなるガレージロックバンド「Eastern Sidekick」。
AZ9A1004-300x239

2010年ミニアルバム「黒白漫画都市」でデビューし、2013年には「SUMMER SONIC」にも出演を果たした実力派だ。そのほか、チャン・グンソクのバックバンドを務めたことや、メンバー全員がモデル並みにルックスがよく、独特の雰囲気を放つため、雑誌などで活躍していることでも有名。

今回は多忙なスケジュールの合間をぬって、各自がよく行くスポット、メンバー同士で息抜きをする場所などを教えてもらった。グルメスポットなどもあるので、ファンならずとも楽しめること間違いなし!

■オ・ジュファン(ボーカル)
IMG_6513-199x300

まずはボーカル、オ・ジュファンのおすすめ「ASH&BLOOM」(ソウル市麻浦区西橋洞330-6 1階 서울시마포구서교동 330-6 1층 )。親しい先輩がオープンした弘大にあるカフェで、ほかのメンバーともよく訪れるそう。バンドのイメージとは少し違う、ナチュラルな雰囲気で、コーヒーやエイド、ケーキなどを食べられる。

そのほか、パッケージデザインがしゃれているキャンドルブランド「WALDEN CANDLE」( http://walden.mobilefarms.com/)を愛用しているため、そのキャンドルが置かれているコンセプトショップ「SMALL WONDERS」(ソウル市麻浦区上水洞314-6 서울시마포구상수동 314-6)や「A LAND 明洞本店」( ソウル市中区明洞2街53-6 서울시중구명동2가 53-6)などもチェックするという

■コ・ハンギョル(ギター)
IMG_6510-199x300

ギターのコ・ハンギョルは鍾路にある「楽園商街」(ソウル市鍾路区楽園洞284-6 / 서울시 종로구 낙원동 284-6)が行きつけだという。さすがミュージシャン! ここは長い歴史をもつ、韓国最大規模の楽器総合商店街。Eastern Side Kickのほかにも、さまざまなアーティストがこの楽器街に通っている。そして、この周辺にある居酒屋でスンデグッ(豚の腸詰めスープ)やテジコギ(豚焼肉)などをつまむのも一連の流れだそう。ちなみに、インタビュー時「日本に行ったときに食べたどんぶりが美味しかったです」と笑顔で答えてこれたのが印象的だった。

■リュ・イ二ョク(ギター)
IMG_6504-199x300

同じくギターを担当するリュ・イ二ョクは、「Saint Pain」(http://www.saintpain.co.kr/ )というアパレルブランドを紹介してくれた。イニョクは、ほとんどの服をここで購入しているそう。

■ぺ・サンファン(ベース)
IMG_6524-199x300

ベースのぺ・サンファンは、上水駅近くにある看板のない居酒屋「カンポジャ」(ソウル市麻浦区上水洞323-3 서울시 마포구 상수동 323-3)を薦めてくれた。ここは、ほどよくローカルな雰囲気が居心地よく、スンデやトッポッキなど、韓国ならではの居酒屋メニューを食べられるのがいいと言う。Eastern Side Kickと同じように、弘大に練習場があるほかのバンドも、よくここに集まるのだとか。ビールと焼酎が3000Wという親切な価格設定も人気の秘密?!

■コ・ミョンチョル(ドラム)
IMG_6492-199x300

最後に、ドラムのコ・ミョンチョルが教えてくれた京畿道ナムヤンジュ市にある自動車劇場だが、本人の情報も定かではなく、インターネットで検索をしても詳細がつかめないため、住所などをお知らせすることができず…。ここは、車のなかで映画を楽しめるエンターテイメントスポットだそう。

ほかにも、メンバー全員やメンバー数人で行く場所を、丁寧に教えてくれた Eastern Side Kick。たくさんあるので、箇条書きで紹介しよう。

・クラブFF(ソウル市麻浦区西橋洞407-8 B1F 서울시 마포구 서교동 407-8 B1F)
Eastern Side Kickが最も多く舞台に立っているライブハウス。ロックを基本にガレージ、レゲエなどを楽しめる。

・「ライブクラブ パン」(ソウル市麻浦区西橋洞327-18 서울시 마포구 서교동 327-18)
居心地のいい雰囲気で、素敵な音楽を聴くことができるこのクラブも是非、とオ・ジュファン&リュ・イ二ョク。

・ 「粗暴トッポッキ」( ソウル市麻浦区西橋洞407-21 서울시 마포구 서교동 407-21)
練習場の近くにあるので、小腹が空くとここでトッポッキを食べるそう。

・「望遠市場」(ソウル市麻浦区望遠洞411서울시 마포구 망원동 411)
弘大近くの在来市場ならば「望遠市場」、少し離れたところならば「通仁市場」。やはり韓国といったら市場をおすすめしたいです、とぺ・サンファン。

・「parc」(ソウル市龍山区漢南洞743-1 서울시 용산구 한남동 743-1)
インテリアも素敵な韓定食屋を紹介してくれたのはオ・ジュファン。

・「ジョンソン海釣堀」( 仁川広域市中区中山洞1852 인천광역시 중구 중산동 1852)

・乙旺里海水浴場( 仁川広域市中区乙旺洞 인천시 중구 을왕동/http://jpn.icjg.go.kr/menu03/beach_01.asp#
ソウルに一番近い、日帰りで行ける海水浴場。深夜、練習に行き詰ったメンバーたちが勢いで海を見に、ここまで車を飛ばしたこともあるそう。メンバー同士の仲がいい、 Eastern Side Kickならではのエピソードだ。

・卓球場
メンバー同士、リラックスしに訪れるそう。弘大にも以前はあったが、残念ながら今はもうなくなってしまったとのこと。残念!

大切なプライベートスポットを惜しげもなくたくさん紹介してくれた Eastern Side Kick。これだけ Eastern Side Kick の情報が公開されるのは、日本の媒体でも「コリアンマップ」が初! 今後は韓国内でのライブを中心に、海外フェスなどへの参加も検討中だそう。ますます目が離せない!

AZ9A0827-300x259

公式HP → http://www.fluxusmusic.com/
Facebook → https://www.facebook.com/easternsidekick
Twitter → https://twitter.com/easternsidekick

ライター 鈴木ちひろ
http://tabiseoul.exblog.jp/

タグ: