今回のガールズグループのカムバックは大物プロデューサーの戦い?

現在K-POP業界には様々なアイドルグループが存在しますが、勇敢な兄弟、二段横蹴り、シンサドンホレンイのプロデューサーが3大プロデューサーと言われています。

今回の夏のガールズグループのカムバックは大物プロデューサーが各アイドルの曲のプロデュースに携わっているため、ガールズグループの戦いでもあるが、プロデューサー同士の戦いでもあるという指摘があるようです。

勇敢な兄弟

2004年から2008年にかけてYGエンターテイメントの専属作曲家兼プロデューサーでしたが、その後独立し、ブレイブエンターテイメントの代表となりました。様々なアイドルの曲をプロデュースし、アルバムの総売上高は100億ウォンに達するとも言われています。今回AOAがリリースした『Heart Attack』も勇敢な兄弟のプロデュースです。

プロデュースをした楽曲(一部抜粋/メンバーとの共同作曲も含む)

AOA
『短いスカート』『おかっぱ頭』『Like A Cat』

AFTERSCHOOL
『Play Girlz』『AH』『Bad Guy』『Because of You』 『8 Hot Girl』『First Love』『One Week』

BIGBANG
『Intro(Put Your Hands Up)』『Intro(Victory)』『Good Bye Baby』『Shake It』『Wrong Number』『Oh Ma Baby』『Crazy Dog』『Last Farewell』『Wonderful』

Brown Eyed Girls
『How come』

SISTAR
『Here We Come』『Push Push』『Oh Baby』『We Never Go Alone』『Shady Girl』『Drop The Beat(Feat.B2K)』『Mighty』『Sistar』『Over』『How Dare You』

4Minute
『What's Your Name?』

TEEN TOP
『Crazy』『Where's ma girl』『Girl Friend』『aRtisT』『To you』『Shake It!』『Fall In Love』『Be ma girl』『Party Tonight』『No.1』『Miss Right』『I wanna love』『Why』『Hello』『Mad At U』 『Get crazy』『Mr.bang』

…etc.

二段横蹴り

4人のメンバーでなるプロデューサーチームで、ヒップホップアーティストのMCモンと同一人物かという疑惑が浮上しています。AOAと同日にリリースしたSISTARの『SHAKE IT』や来月カムバックをするGirl's Dayの『RING MY BELL』も手がけています。

プロデュースをした楽曲(一部抜粋/メンバーとの共同作曲も含む)

Girl's Day
『G.D.P intro』『Something』『口笛』『Show you』『Something (inst.)』『Summer party(Intro)(Feat。David K​​im)』『Darling』『Look At Me』『Timing』『I miss you』『Hello Bubble』『私も女です(ミナ)』

KARA
『Live』『マンマミーア!』『So Good』『Red Light』

SISTAR
『I Swear』『Miss Sistar』『Loving U』『Give It To Me』『The Way You Make Me Melt』『A Week』『Hey You』『Lead Me』『Holiday』『Naughty Hands』

MBLAQ
『戦争だ』『100%』

少年共和国
『Dress Up』

…etc.

シンサドンホレンイ

シンサドンホレンイはこれまで数多くのアイドルの楽曲を手がけており、K-POP業界に欠かせない存在だと言われています。7月にカムバックをするApinkの楽曲もプロデュースするようです。
Apink
Apink公式ホームページより

プロデュースをした楽曲(一部抜粋/メンバーとの共同作曲も含む)

T-ARA
『Bo Peep Bo Peep』『Roly-Poly』『Lovey-Dovey』『SEXY LOVE』『No.9』『Sugar Free(Bigroom Ver.)』

4Minute
『Hot Issue』『Muzik』『Change(ヒョナ』『HUH』『I My Me Mine』『Heart to Heart』『Bubble Pop!(ヒョナ)』『Volume Up』『Very Hot(feat。リウォン)』

BEAST
『Beast Is The B2ST』『Bad Girl』『Mystery』『Just Before Shock』『Shock』『Special』『Mastermind』『Lights go on again』『Beautiful』『君が一番好き』『Lightless』『The Fact』『Fiction』『Midnight』『まだ』『息』

EXID
『I Do』『Whoz That Girl』『Call』『Whoz That Girl Part.2』『毎晩』『非常に一般的な言葉(ダソニ)』『GOOD BYE(ダソニ)』『上と下』『Ahr Yeah』

IU
『あらかじめメリークリスマス』

VIXX
『答えは君だから』『Rock Ur Body』

JEWELRY
『One More Time』『The Cradle Song』『Rhythm HA!!!』『Look At Me』

Secret
『Magic』『TALK THAT』

Apink
『My My』『Yeah』『Wishlist』『STEP』『I GOT YOU』『NoNoNo』『LUV』

…etc.

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

8 件のコメント

      • これ元ネタというか、どういう発想からこういう名前に至ったのかを知りたいww なんかイースタンサイドキックみたいなグループもいたし、サイドキック(横蹴り)ってどういう意味なんだろ。

  • コメントを残す